トップ

不動産の遺産相続とは

遺産が不動産のみの場合

不動産を相続するのに必要な手続き

人が亡くなったときには悲しみにふけるわけですが、相続のことに関してはしっかりと手続きを済ませておかなければなりません。亡くなった人が、不動産を持っている場合には単純に分けることが難しいため、揉めやすいです。そして、高齢者の場合には現金や預金はそれほど多く持っていなくても、土地や建物などの不動産を持っているケースがよくあります。

トラブルを防ぐために、早めに遺産分割協議を行い、相続登記を済ませておく必要があります。相続にお悩みで弁護士に相談したいならこちら。

遺産分割協議は不動産など法定相続分通りに簡単に分けることのできない財産を、どのように分けるのかを協議することです。相続人全員が1箇所に集まって話し合うのが一般的なやり方ですが、電話やメールなどで話し合うことも可能です。

土地を分筆登記して分けたり、共有財産ということで登記をすると平等に分けられますが、実際には誰か1人に所有権を移すというやり方を取るケースが多いです。

不動産の所有権を取得できる人とできない人が出てきますが、取得できない人に対しては代償分割という方法で対処します。これは相続分に相当する分のお金を支払う方法です。話し合いの結果相続人が納得したら、遺産分割協議書を作成します。

この際に全員が署名をして実印を押す必要があります。遺産分割協議書に不備があると法務局で受け付けてもらえません。その場合には、遺産分割協議書を作り直すことになります。相続人全員分の署名と実印が必要なため、面倒に感じることもあり、最初は納得していた相続人も異議を唱える可能性が出て来ます。また、相続登記をする際にも必要な書類の種類が多いです。不安な場合には弁護士などの専門家に依頼するとスムーズにいくでしょう。